1/30〜31の2日間、東京都杉並区の座・高円寺にてJATETフォーラム2016/17が開催されました。音響部会は初っ端で「劇場等演出空間におけるオーディオ・ネットワークの現状」についてセミナーがありました。

 

 座・高円寺

(建築設計:伊東豊雄建築設計事務所、音響設計:永田音響設計)
 

 講演は次の3件でした。

 

・ネットワークオーディオ伝送(Audio over Internet Protocol):栗山譲二氏(J.TESORI)

 

 栗山氏からはAoIPの概要説明がありました。そのなかで音声伝送に重要な同期方法についてAoIPのほとんどがPTP(Precision Time Protocol)という方法を採用していること、そしてそのPTPパケットを優先的に送信するためにスイッチにはQoS機能(Quality of Service)が必要とのことでした。QoS機能がないスイッチでは一見問題なく動作しているように見える場合があるが、いつネットワーク障害が起きてもおかしくない状況との説明は重要な情報でした。

 

・ネットワークオーディオで使うケーブルとスイッチについて:阿部春雄氏(デジコム)

 

 阿部氏からはネットワークを構成するハードウェア(ケーブルとスイッチ)について解説がありました。接続に使用するEthernetケーブル(ツイストペア線)では、ケーブルを無理に曲げるとその個所でインピーダンスが変化し反射減衰が発生することや、Danteではスイッチの配置によってレイテンシーが何倍も変ることの説明がありました。また、Dante用スイッチに必要な機能の説明のなかで、省電力機能(Energy Efficient Ethernet = EEE機能)が無効にできることが必要との話もありました。

 

・音声伝送ネットワークの構築、運用、知っておきたいことなど。:菊地智彦氏(ヤマハサウンドシステム)

 

 菊地氏からはネットワーク構築の際に経験するリスクと現状考えられる対策方法について、実際の現場での経験をもとにした解説がありました。接続が自由になる<>なんでも接続できてしまう、配線コストが削減できる<>大量の情報が1回線に集中する、様々な通信が単一のインフラに乗る<>通信の競合が発生する、など現場視点ならではのメリットとデメリットが紹介されました。なかでも、PCをネットワークに繋げばどこからでも操作可能<>外部オペレータが持ち込んだPCでも固定設備が操作できてしまう、というセキュリティ上の問題についてはハッとさせられました。

 

 セミナー会場の様子


 

 3人の講師が共通して強調していたのは、「オーディオネットワークの安定性は”スイッチ”が握っている」でした。安価なスイッチは上記の必要機能が無かったり、それを設定・制御できないから安価とのことです。固定設備では通常10年〜20年というスパンで安定して動作するように考えなければなりません。これでオーディオネットワーク用のスイッチにどうして安価なものを使用してはダメなのかきちんと自信を持って説明ができます。

 

 また、1日目の最後に各部会を迎えてシンポジウムがありました。そのなかで、栗山氏がとても重要なことを話されていました。それは、

 

・AoIPはコンピュータ技術を中心につくられた規格をベースにしているので、ややこしくても受け入れるしかない

・自分でできなければオーディオネットワーク専門の部門やスタッフを作ったらよい。(音響家がオーディオネットワークを学んで身に着ける、または、ネットワーク技術者に音響を学ばせる)

 

 後者はサウンドシステムのオペレータに対するシステムチューナーと考えれば分かり易いですね。実際にネットワーク専門部門を構えている会社もありますし、今後益々ニーズは高まりそうです。

 

 シンポジウムの様子
 

 オーディオネットワークはもはや避けては通れないものでしょう。その向き合い方を改めて学ぶ良い機会でした。

 

 1/23に長野県舞台技術者協会2017研修会(長野県公立文化施設協議会技術研修会 共催)で講演させていただきました。

 会場は2016年1月に開館した飯山市文化交流館「なちゅら」(建築設計:隈研吾建築都市設計事務所、音響設計:永田音響設計)で、私が舞台音響設備についてお手伝いさせた頂いた施設です。当日は大雪となり、施設はすっかり雪に包まれていました。

 

 雪中の飯山市文化交流館
 

 講演のタイトルは協会の要望により「劇場の音〜建築音響と電気音響〜」となりました。様々なホール・劇場が建設されるなかで、施設の性格付け(多目的ホール、音楽主目的、演劇主目的、など)がどのような経緯で決まり、残響時間に代表される建築音響の条件がどのように計画され建築設計に反映されるのか、さらにその残響(建築音響)と電気音響はどのように兼ね合いが取られるのか、ということを知りたいということでした。

 

 公共ホールの多くは施設が完成した後に施設を監理運営する舞台技術会社が募集され決まります。そのため施設の設計コンセプトや計画経緯などが舞台技術者サイドに伝えられる機会がないという現状があります。今回の講演内容の要望もそこに起因していると分かります。これまで多くの公共ホール建設に係った経験をもとに、建築設計と音響設計の流れをできるだけ分かり易くお話ししました。

 

 講演会場(多目的ルーム1)の様子
 

 講演の後は施設の大ホールの見学がありました。(残念ながら小ホールは利用中で見学できませんでした。)大ホールは可動観覧席を備えた500席で、舞台幕から音響反射板に転換できる多目的ホールです。可動観覧席を収納して客席前迫を上げることで平土間形式にもなります。

 

 施設の方から、高齢者が多い合唱団の練習利用の際には、舞台から客席への移動時に階段を昇降するのが大変ということで、客席前迫を上げて平土間位置とし、舞台と客席を段差ない状態にして利用しているとの紹介がありました。客席前迫があるとそのような使い方もできるのだと気付かせてくれました。

 

 大ホール見学の様子

(客席前迫が上がっている状態)
 

 今回、私自身も建設に関わった施設の運営の方とはじめてお会いしお話しできて、とても有意義な機会でした。今後も現場からのフィードバックを沢山得たいと思います。

 

 昨年末にシルク ド ソレイユのトーテムの名古屋公演を見ました。

 

 ナゴヤドーム隣のテント会場
 

 間近で見る人間業とは思えない生演技に感動です。そして音楽はバンドによる生演奏。これはミュージカルなども含めて欧米では当たり前ですね。日本も見習いたいものです。生演奏だと主舞台のパフォーマーの演技と呼応して高揚していく感動があります。これは残念ながら音楽再生では得られません。


 公演の途中で客席の照明が不自然に点滅したので変だなと思っていたら、パフォーマーがスッと退場して一時中断。やはり点滅照明はパフォーマーへの合図だったようです。そして「演技を中断しました。まもなく再開しますのでしばらくお待ちください。」とアナウンス。これも開演前の諸注意のアナウンスと同じ声、同じ語り口のものなので、事前に準備されているものでした。

 

 中断から5分位で、先ほど始めかけた演技は中止しその次の演技から再開されました。さすがなのは中断の際のパフォーマーの行動がきちんと決められていることです。サーカスですから不測の事態はつきものでしょう。当たり前の事態に抜かりなく備える、って当たり前に大事なことですね。偶然このような出来事を見て、そこまでがプロの仕事だと改めて感じます。

 

 さて音響的なところでは、メインスピーカはd&b audiotechnikのTシリーズのラインアレイで、分散スピーカに同社のEシリーズが沢山使われていました。

 

 最後に、客席は撮影出来ないのでロビーのテントの天井の写真を載せます。だって排煙口がちゃんと付いてるんですよ!備えあれば憂いなし。

 

 ホワイエのテント屋根
 

 排煙口
 

 先日、天気がいいので散歩していたら球形スピーカを発見しました。

 

 アーケードの屋根下に丸い物体
 

 赤道の南半球側にホーンが並ぶ
 

 球体の赤道の南半球側にホーンが並んでいて360°全方向に音を放射するようになっています。ホーンが南半球側にあるので音を斜め下向き放射していると考えられます。吊下げて使うためですね。大分前にカタログで見たことはありましたが、実際に使われているのを見るのは初めてでした。結構年季が入っていましたがBGMを綺麗に鳴らしていました。

 

 そういえば以前、別の公園でこんな形の全方向スピーカを見かけたことがありました。

 

 木陰にあった変った形のスピーカ
 

 こちらは下向きにしたホーンスピーカにもう一つホーン状の部品を差し込んで音の進行方向を90°曲げ、水平360°全方向に拡がるようにしたものと想像されます。音は斜め下ではなく水平方向に拡がるように設計されているようです。ということは非常用でしょうか。残念ながら(?)これは鳴っていませんでした。

 

 こんなところに目が行くのはまさに職業病でしょう。でも見つけると意外に楽しいものです。皆さんも良かったらどうぞ。笑

 

 InterBEEでは昨年2016年も最新スピーカのデモが開催されました。会場のイベントホールでは、最新スピーカたちのデモを当時の最新スピーカが天井から静かに見守っていました。

 

 天井のセンタークラスタースピーカ
 

 当時の最新スピーカ
 

 「どれ位の人がこれを見るかなあ。高域ホーンの大きさ、低域ユニットもホーンロード、その数と配置を見ると、どれだけ真面目に計画していたかが分かります。今はどうだろうか?」と何気なくFacebookに投稿したところ、思いもよらずいろいろな方からコメントが入りました。

 

「高音域ホーンでエリアをカバーし、低音域を付け足すシステム。低音域と言ってもホーンロードがかかるのはせいぜい200Hz以上、ホーンロードがかかって能率が上がった分、その下の帯域は聞きにくくなる。おまけに低音域SPが引っ込んでいる分ホーン帯域とのつながりが悪い。このシステムが有効なのは英語圏の言語と思います。日本語はもっと低音域から造っていかないと。かつて苦労させられました。」(T.U.氏)

 

「私も同じ思いで見てました。何と言っても自分の原点ですから。」(A.M.氏)

 

「私も納入させて頂いた頃を、天井見て想い出しておりました。」(M.T.氏)

 

「苦労したんですよ、当事者なもんで。これ施工した時期はまだ手描きの時代です。ホーンは全て計算上同心点から振り出しています。構造物は野田市の鉄鋼屋さんで作ってもらい、細かいパーツは横浜和田町の金物屋さんで作ってもらいました。構造計算もしっかり行ってますよ。当然僕なんかが行ったら信用されませんから、一級建築士さんにお願いしました。ちゃんと計算書を提出しました。」(K.M.氏)

 

「単なる三面図もノイローゼになりそうになりながら紙と格闘してた時代でしたな(遠い目)」(H.N.氏)

 

「私も見上げてました。これを今のデジタルチャンデバでSmaartで判った人がチューニングすると最高です(≧∇≦)」(H.I.氏)

 

 当時の最新スピーカには多くの方が関わり、多くの思いが詰まっていました。

 

 通常の映画館の音響クオリティとは一線を画す「極上音響」「極上爆音」上映で話題の立川シネマシティで、ようやく極上音響上映を体験しました。

 

  立川シネマシティの「極上音響」は、スクリーンの音響設備をベテランの音響家(サウンドシステム・チューナー)によって上映作品ひとつひとつに最適な音響調整を施した上映です。「極上爆音」はさらに重低音を中心に通常よりも音量を大きめに再生した迫力重視の上映。作品の音響効果を最大限に引き出し、作品への没入感と感情移入をより高めようとする立川独自の取り組みです。どんなに素晴らしい食材でも、それを素晴らしい料理にするにはシェフが重要なのです。

 

 Meyer Sound社のスピーカシステムが導入されたスクリーン
 

 作品は「君の名は。」を。あえてアニメーションを選んでみました。

 

 印象は、映画に作り込まれた音の全てが再現されているように感じました。声に込められた感情に加えて、音による空間の広がりと奥行きの表現、そしてそれとリンクした映像のフォーカスとボケ具合、それらが不思議なリアリティを作り出していきます。また、このタイミングでこの曲がこの音量でカットインするのか、という演出にくすぐられます。映画に込められた楽しみを余すことなく感じられ、監督や制作者はこういう絵と音で観客を楽しませ感動させようとしていたんだと気づきます。

 

 最近、映像と音のコラボレーションを売り文句にしたエンターテイメントがもてはやされていますが、もっと前から映画はそれをやっていたのです。が、それを十分に再現出来る映画館が無かったのでは?とつくづく思います。日本のアニメーションは特に素晴らしく作り込まれています。今回それを再認識しました。かねてから映画館の音に疑問だったので、立川のような映画館がもっと沢山できないと折角の作品の感動が伝わりきらずもったいない!と強く思います。

 

 ちなみに別の機会には極上爆音上映でこの映画も楽しみました。

 

  
 

※極上音響のスケジュールについては是非映画館のHPをチェック下さい。

 http://cinemacity.co.jp/

 昨秋の雨上がりの午後、響きの豊かなチャペルでパイプオルガンとヴァイオリンという珍しい組合せの演奏を聴きました。会場は恵泉女学園大学のチャペル(東京都多摩市)で、演奏はオルガン:大塚直哉氏、ヴァイオリン:桐山建志氏です。

 

 プログラム
 

 客席後方2階のオルガンからは、感情を強く内に抱えつつも離れた舞台で演奏するヴァイオリンを支えるように自制のきいた音が漂います。そしてオルガンの音の上を華やかに踊るように舞台からヴァイオリンの音色が響きます。
 2つの楽器の距離と位置が立体感とコントラストを生み、今そこで生で演奏されているという臨場感と緊張感が心を刺激します。

 

 客席後方2階のパイプオルガン

 ライル兄弟オルガン製作所(オランダ)

 2002年完成、21ストップ
 

今ここでしか体験できない音楽を堪能しました。

 

 昨年9月のことになりますが、SCアライアンス社の50周年記念パーティーに出席させて頂きました。

 

 会場の様子
 

 来賓の方々の挨拶で、「電気音響の導入で、それまで出来なかったあんな表現やこんな演出ができるようになった」と当時のワクワクな思い出を語られるのを聞いて、今それが当たり前の時代だからこそ、元の生音や肉声という素材そのものとそこに込められている感情や表現を改めて見つめて学ぶことが大切なのだと感じます。

 

 芝居の音響効果に始まったSCAだからこそ、出したい音や表現のイメージを持っているからこそ、成功されてきたように思います。

 

 創業者の八幡氏と歴代代表の方々 
 

 また、「良い機材を山ほど積んでも意味はなく、人材を育てることが大事だ」という祝辞にも強く同感です。パーティーに先だって開催されたBob McCarthy氏のセミナーにも共通点を感じます。

 

 スタッフロール
 

 勝手ながら有意義な時間をありがとうございました。50周年おめでとうございます。

 

 半年も前のことになりますが、サウンドシステムの音響調整に用いられる音響測定・分析ソフト「Meyer Sound SIM System」によるシステム最適化のパイオニアとして有名なBob McCarthy氏のサウンドシステムセミナーに参加しました。このセミナーはSIMの初期の頃から長きに渡りBob氏と交流のあるSCアライアンス社の50周年記念行事のひとつとして企画されました。

 

 セミナー会場の様子
 

 冒頭、Bob氏はSIMにまつわるエピソードを語りました。

 

 当初、システムの特性はピンクノイズなどの測定用音源を再生しなければ測定できなかったので、観客が入って本番が始まると、チューニング時から音が変化したのが耳で分かっても、それを測定により物理的に把握することができませんでした。それを把握する方法としてJohn Meyerg氏によりデュアル・チャンネルFFTアナライザーによる「音源に依存しない測定=Source Independent Measurement =SIM」システムが開発されました。

 

 SIMの効果を実感したMeyer氏やBob氏らは、この手法がすぐに業界のスタンダードになるだろうと考えていたそうです。それが今日のような普及までに20年もかかるとは想像さえしなかったそうです。当時、音楽的な経験を重視するミキサーやアーティストが、機械的なアナライザを受け入れなかったとのことでした。

 

 Bob氏は、客入り後の音の変化が会場全体に同様に起こっているのか局所的なのかを知りたいと考えていたそうです。そして初めて会場内に8本のマイクを設置した状態で本番を経験したのが、なんと1987年大阪城ホールでのユーミンのコンサートだそうです。これによりBob氏が何年も探っていた客入り後に生じる音の変化が局所的であることが確認され、その後のシステムデザインや最適化のアプローチにとても大きな役割を果たしたとのことでした。日本のユーミンのコンサートがそんな役割を果たしていたとはとても興味深いエピソードでした。

 

 Bob氏は、会場内に複数マイクを設置できたのは日本の観客のお行儀がいいお陰で大変感謝している、と付け加えました。笑

 

 貴重なセミナーテキスト
 

 さてセミナーですが、前半の話題はスピーカの「カバレージ」についてでした。1台のスピーカのカバレージと客席の関係、複数のスピーカによるカバレージの合成・・・。ポイントソースはもとより、ラインアレイの理論にも関連する音に共通の基本事項です。

 

 これらはシミュレーションソフトがなくても大まかに音場を把握できる基礎知識です。というよりも、まず基礎知識をベースに平面・断面的な音場を考えることが重要で、その次にそれをシミュレーションで3次元的かつ数値的に詳細に補完していくというのが本来の手順でしょう。音響シミュレーションが普及している現代のセミナーで、Bob氏が最初にカバレージの解説をされたことにとても共感しました。とかく何も考えずにいきなりシミュレーションで音圧分布だけ計算しはじめる人が増えつつあります。その前にソフトを使いこなすための音響知識に目を向けて欲しいものです。

 

 セミナー後半はサブウーハの指向性制御の理論と実験で、こちらも興味ある内容でした。

 

日本音響家協会 東日本支部主催の技術セミナー「楽器を知ろう」シリーズ、今回は「バイオリン」が取り上げられるそうです。

3/10(金) 13時〜17時 国立音大

興味のある方は協会HPをご確認の上お申し込み下さい。