音響設計を担当させて頂いた d&b audiotechnik Japan社(横浜市都筑区)のデモルームが完成しました。

Black range side BLACK RANGE side

デモルームは同社のスピーカとパワーアンプのラインナップを常時備えて、試聴やセットアップなど各種デモンストレーションを行える空間として、また、各種セミナーなどにも活用する空間として計画されました。

デモルームの一方のエンドがツアーサウンド向けのBLACK RANGE製品エリアに、他方が設備音響向けのWHITE RANGE製品エリアになっています。


White range side WHITE RANGE side

音響設計のコンセプトを次のように設定しました。

 1) スピーカの素の音が分かるように、空間の音響がスピーカ音に癖を与えないようにする。
 2) 響きは抑えるが、無響室のように不快でなく、セミナー等で長時間いても違和感のない音響とする。

そのために
 ・響きを抑える(低音から高音までできるだけ均一に)
 ・フラッターエコーの抑制
 ・定在波、ブーミングの抑制
 ・適度に反射を残す

これらを実現するために内装デザインにも見えないところにも音響的な処理を取り入れた設計をしていただきました。特に側壁にその多くが詰まっています。


Wall and ceiling 音響と意匠を兼ねた側壁のななめ
 木格子と天井の木ルーバー
 白い壁面はグラスウール系の
 吸音ボード

内装には東京・多摩産の杉材を無塗装で使用しました。これは内装設計をお願いした すわ製作所の提案によるもので、地産材を使うことで東京の森林整備に役立ち、環境保全にもつながるとのことです。「音響」と「人」と「環境」に配慮した、居心地のいいデモルームになりました。


デモルームでは6月から定期的に3つのセミナー(電気音響学セミナー、ラインアレイワークショップ、リモートネットワークワークショップ)が開催されます。どなたでも無料で参加できるそうですので、興味のある方は同社HPをご覧ください。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL