海外で見かけた吸音仕上げ、最終回はその他編です。

フランクフルトホテル食堂 まずはフランクフルトのホテル(リーズナブルなランク)の食堂です。天井が有孔板(穴あき板)で吸音されています。梁の部分が無孔で、その中側が継ぎ目なく有孔板というようにデザインされています。
白色と明るい黄色の組み合わせはウィーンでもよく見かけた色合いです。

フランクフルトメッセ1 次はフランクフルト・メッセの展示ホールのひとつです。女性が寄りかかっている木質の壁は...。

フランクフルトメッセ1up 横スリットの奥に穴が開いた吸音板です。一見すると横スリットは分かりますが、穴までは気づきにくいです。有孔板と類似の吸音特性があります。
スリットと穴を組み合わせた吸音パネルはスイスのn'H Akustik + Design社のTOPAKUSTIKが知られていますが、これがそうか、類似製品かは不明です。
ちなみにTOPAKUSTIK製品は日本では(株)マデラで取り扱っています。

メディアセンター2 次はロンドンにあるローズ・クリケット・グラウンド。ここは「クリケットの聖地」とも呼ばれるクリケット競技場(収容人数28,000人)です。写真はその競技場のメディアセンターで、観客席より高い位置にありグラウンドを見渡せます。

メディアセンター1 天井がうすい水色のクロスを額縁貼りしたグラスウールボードで吸音されていました。このメディアセンターは有機的な形をしているのでグラスウールボードが採用されたのかもしれませんが、目地の暴れがちょっと気になります。また、どうやって取り付けているのかな。

ステープルセンター1 次はロサンゼルスのダウンタウンにあるステイプルズ・センターです。最大20,000人を収容し、バスケットボールやアイスホッケーなどのスポーツのほかコンサートにも使われる大規模アリーナです。

ステープルセンター1up1 その天井に多様されているのが吸音バナーと呼ばれる吸音材です。グラスウールなどの吸音材を薄いシートで包んだもので、写真のように天井から弛ませて吊り下げたり、そのまま垂直に吊り下げたりして使用します。

ステイプルズ1up3 左の写真は吸音バナーを垂直に吊り下げて使用している例で、壁の黒い短冊状のものが吸音バナーです。仕組みはとても単純な吸音バナーですが、日本には入ってきていないようで、類似の製品も見かけません。残念です。

ステイプルズ2 そして同センターでは、アリーナ上部に吊り下げられた大型映像装置の画面とチームマーク以外の全ての部位に、吸音バナーとおなじグラスウールをシートで覆った吸音仕上げがされています。黒いシートが薄いためにグラスウールの黄色がやや透けているのと、写真左下部分にシートのしわが見えることからそれが分かります。空間が巨大なので吸音を徹底していることが分かります。

以上、海外で見かけた吸音仕上げを3回に渡ってお届けしました。

日本でも欧米でも吸音の仕上げ方法は大差ないことが分かります。でも、欧米では吸音仕上げが日本より積極的に採用されているように感じます。日本ももう少し欧米の音環境に対する意識を見習ってよいのではと思います。
 
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL