今日の勉強。マイクを置く演台の天板が、軽く叩いた時に響くようだとその周波数でハウリングしやすいのは経験済みでしたが、写真のように囲われていても不意にハウリングしやすいことを学びました。右手のマイク下の白いシートは実験的に敷いた緩衝材です。たったこれだけでもマイクに入力される音が大分クリアになります。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL