先日、天気がいいので散歩していたら球形スピーカを発見しました。

 

 アーケードの屋根下に丸い物体
 

 赤道の南半球側にホーンが並ぶ
 

 球体の赤道の南半球側にホーンが並んでいて360°全方向に音を放射するようになっています。ホーンが南半球側にあるので音を斜め下向き放射していると考えられます。吊下げて使うためですね。大分前にカタログで見たことはありましたが、実際に使われているのを見るのは初めてでした。結構年季が入っていましたがBGMを綺麗に鳴らしていました。

 

 そういえば以前、別の公園でこんな形の全方向スピーカを見かけたことがありました。

 

 木陰にあった変った形のスピーカ
 

 こちらは下向きにしたホーンスピーカにもう一つホーン状の部品を差し込んで音の進行方向を90°曲げ、水平360°全方向に拡がるようにしたものと想像されます。音は斜め下ではなく水平方向に拡がるように設計されているようです。ということは非常用でしょうか。残念ながら(?)これは鳴っていませんでした。

 

 こんなところに目が行くのはまさに職業病でしょう。でも見つけると意外に楽しいものです。皆さんも良かったらどうぞ。笑

 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL