先日、音響設計を担当させて頂いた音楽サロン La Campanella (ラ カンパネラ)での演奏会に伺いました。Salon La Campanelleは大阪の天満橋駅からほど近い大手通に今春オープンした50席のラグジュアリーな音楽サロンです。

 

 サロンの内観
 

ヨーロッパの住宅の一室でプライベートにリラックスして音楽を楽しむ、そんな感じにしたいというオーナーのご要望に沿って音響設計しました。クラシックな雰囲気を壊さないようにしながら部屋の形を工夫し、天井を出来るだけ高く確保して音響を整えました。梁の凹凸や鏡や絵画などの装飾品も音を散乱させる要素に活用しています。

 

 ピアノから客席の内観
 

50脚の椅子はサロンにマッチしたデザインに加え、座ると分かる肘掛のカーブが絶妙でとても座り心地のよいオーナーこだわりの特注品です。

そしてピアノはスタインウェイの1969年ハンブルグ製B211。象牙鍵盤でスタインウェイ黄金時代の完全オリジナルとのことです。

 

 入手困難な貴重なピアノ
 

演奏会はオープンを記念して周辺の方々を招待されたもので、6人の若手演奏家によるピアノとフルートのソロと声楽三重奏を楽しみました。

小さい空間で演奏者の間近かで聞くサロン・コンサートは、楽器の音や歌手の声が情感と共にダイレクトに届きます。時にアットホームにリラックスして、また時に演奏者の情感に引き込まれて緊張して。演奏者と聴衆の一体感や親密感を強く感じながら聞くサロン・コンサートはコンサートホールとはまた違う楽しみが味わえます。

 

 演奏の様子
 

 こちらは別のコンサートの模様(サロン提供)
 

La Campanellaでは今後サロンレンタルだけでなく様々なコンサートも企画していかれるそうです。大阪で雰囲気と音響の良い音楽サロンをお探しの方はぜひ一度お訪ねください。沢山の演奏家と観客の方々にお出で頂き、多くの感動がここで生まれることを期待しています。

 

音楽サロン・ギャラリー La Campanella

http://la-campanella.jp/

 

 

なお、La Campanellaには素敵なレンタルギャラリーも併設されています。演奏会当日も個展が行われていました。

 

 Gallery La Campanella
 

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL