先日、高校の文化祭を見に行きました。

 

娘の学年は体育館のステージでパフォーマンスをすることになっていました。

歌とダンスとショートコントなどを中心にした内容が多く、ミュージック・ステーション(音楽番組)をCMも含めて再現するなど趣向を凝らした組もありました。

 

ステージを見ていて、生徒たちのセリフやMC、そして伴奏の音楽がよく聞こえ、音質も良いことに気付きました。

 

ステージに近づいてみると、大型スピーカがスタンドで仮設されていました。しかもプロ用のEAW社製です。学校の先生や出入りの電気設備業者にはできないチョイスです。

 

おそらく、ステージ公演の音響操作をPA会社など音響のプロに委託していて、仮設スピーカやワイヤレスマイクなどはその会社の機材でしょう。もしくは、学校所有の機材だとすると、その選定や使用方法指導にはPA会社など音の専門家がアドバイスされていることでしょう。ナイス!

 

生徒たちのパフォーマンスがよい状態で観客に届けれられると → 観客が盛り上がる → それが演者にも伝わる → 演者も楽しめる、充実感・満足感が得られる → 次もやりたい・もっと盛り上げたいという向上心につながる、 という良い循環はだれにでも容易に想像できることでしょう。

 

これこそが教育の場でこのようなパフォーマンスを行う意味だと思います。

 

では、これが逆だったらどうでしょうか。

 

生徒たちのMCや台詞の内容が聞こえない → 観客がリアクションできない・パフォーマンスに集中しない → オチで笑わない、キメで盛り上がらない → 演者が手ごたえを感じられない → 演者は楽しめないどころか嫌になる → 頑張って練習したことに疑問をもつ・無駄に感じる → 興味を持てない・バカバカしく.... となることも、容易に想像できます。

教育としてパフォーマンスを生徒たちに実践させる意味がないどころか、逆効果でしょう。

 

でも、これに近い状況は身近な小学校〜高校で頻繁にあることです。台詞の途中で途切れるワイヤレスマイク、組体操やダンスの途中で止まる伴奏音楽、保護者会の先生の話の内容が聞き取れない体育館の音響設備など、経験ありませんか?

 

ですから、あの高校の先生方あるいは関係者方は、生徒に文化祭でパフォーマンスさせる目的をきちんと理解されていると感じ、嬉しく思いました。生徒たちも幸せです。

(ただし、本来それが当たり前ですが)

 

***

 

その後のある日、学校から保護者宛てのプリントが届きました。

 

内容は、同校の「体育館ステージでの行事や学習発表、イベント開催をサポートする機材の充実」のための「寄附」のお願いでした。(具体的には大型スクリーンとプロジェクタ、各種照明器具、音響設備等の演出関連装置の購入)

 

しかも、その寄附が「ふるさと納税」に該当するというのです。

 

これは兵庫県の「ふるさとひょうご寄附金」(ふるさと納税)の中の「県立学校環境充実応援プロジェクト」という寄附メニューで、県立学校が独自に使用目的を設定して寄付を募集する仕組みを活用したものでした。寄附金の使用目的は、部活動の支援費用、図書館の充実、エアコン費用など学校によって様々です。なるほど、こう言う方法もあるんだと感心しました。

 

それにしても娘の学校の寄附目的が演出機材だというのは何かの縁でしょうか。

 

プリントには次の一文がありました。

 

「〜これらの機器の拡充は、文化祭での演劇、シンポジウムや発表会などで、生徒たちのパフォーマンス力を大いに高めてくれるものと思います。ぜひ、このプロジェクトにご賛同いただきお力をお貸しください〜」

 

ふるさと納税を活用した方法も勿論ですが、何よりこの気持ちが嬉しいですね。もちろん協力します。

 

 

そういえば以前、小学校のPTAで学校への寄付品を決める際に、その年の運動会でトラブル続出だったワイヤレスマイクの更新を提案したのですが、「新しい紅白幕が欲しい」という校長先生の意見に一蹴されたことを思い出しました。(苦)

 

 

先日、日本音響家協会のセミナー「楽器を知ろう」SAX編を聞きに国立音大へ行きました。



SAXの発明者、アドルフ・サックスが実際に博覧会に出品したアルトサックス(!)やソプリロ (ソプラニーノより小さいサックス)、コントラバスサックスという貴重な楽器達の実物が見られて音が聞けるという、貴重な経験をしました。

セミナーでは実際に演奏音をFFT分析した結果がスクリーンに表示されました。サックスの音には整数倍音が豊富に含まれているのが良く分かりました。これがサックス独特の音色を作るんですね。

マイク位置による集音音質の違いや、同位置でのマイク種類による集音音質の違いも興味深いものでした。

最後に演奏された国立音大生によるサックス四重奏も素晴らしく、とても貴重な体験を沢山したセミナーでした。
3月1日、和歌山市に内装とサウンドシステムの音響設計を担当したアコースティック重視のホールが完成しました。



JAZZやクラシックを志向しながらも演歌やポップスなど幅広い演目で「音響のいい空間を」というクライアントの要望に応えた、33席の小さな、大人の、濃密な音楽空間です。

飲食店や医院が入居する建物の1テナントという小空間であり、防音と心地よい響きと多様な音楽・編成への為に、様々な音響的工夫をしています。

また、スピーカシステムはクライアントの意向もありd&b audiotechnikを採用しました。メイン:Yi7P、サブウーハ:Bi6、コロガシ:E8、アンプ:10Dという構成です。ミキサーはALLEN&HEATH Qu-16をチョイスしました。



ピアノ、バイオリン、JAZZトリオ&ヴォーカル、カラオケなどのテスト演奏を経てオープニングセレモニーを迎えました。また、初めてプレス発表にも出て、情報誌にも紹介されました。
http://www.nwn.jp/news/16031289_luru/



オープンから幾つかのコンサートが開催され、いずれも好評です。今後のコンサートスケジュールやホールの案内をはじめ、クライアントがホールに込めた思いも分かるホールのHPも是非ご覧下さい。
LURUHALLホームページ


今日の勉強。マイクを置く演台の天板が、軽く叩いた時に響くようだとその周波数でハウリングしやすいのは経験済みでしたが、写真のように囲われていても不意にハウリングしやすいことを学びました。右手のマイク下の白いシートは実験的に敷いた緩衝材です。たったこれだけでもマイクに入力される音が大分クリアになります。

5/24、池袋の東京芸術劇場で興味深い舞台技術セミナーが開催されます。



タイトルは「空間を聴く・空間をイメージする」で、舞台から客席までのひとつの空間に、音響のイメージを立体的に構築する「空間音響演出」について取り上げるとのこと。

詳細は下記HPをご覧下さい。先着150人、要事前登録、1,000円です。

http://www.geigeki.jp/performance/event143/

オペラ、ミュージカルでの実例紹介、興味深いですね。
また、最後のムービングスピーカも聞いてみたいです。

公益社団法人 劇場演出空間技術協会(JATET)が来年1月に、創立25周年を記念して技術展を開催します。

JATET技術展チラシ JATET技術展チラシ裏

技術展はセミナーと展示と施設見学で構成されます。日時と場所は以下の通りです。

セミナー: 1/26 (火) 〜 27 (水) @新国立劇場 中劇場
                 ※タイムテーブルはHP参照下さい。
展  示: 1/26 (火) 〜 28 (木) @全労済会館 新宿スペース・ゼロ
                 10:00〜18:00(最終日は〜16:00)
施設見学: 1/25 (月) 15:00〜 @新国立劇場
                (セミナー参加者のみ先着50名)

音響部会主催のセミナーは、1/26 (火) 10:30〜13:30(予定)になります。
このセミナーでは、この度JATETから発行する「劇場等演出空間における音響設備動作特性の測定方法」について解説されます。この測定方法は、1985年に旧日本劇場技術協会から発行され、今日まで参照されてきた「電気音響設備動作特性の測定方法 JITT A2001」を、現在の状況や技術、関連規格に応じて改訂したものです。劇場等の音響設備設計や施工に関わる皆さんには関連の高い内容です。

セミナーでは今回発行する「劇場等演出空間における音響設備動作特性の測定方法」の冊子が「音響ガイドライン」として販売され、それに沿って解説が行われますので、是非、音響ガイドライン付でお申込みください。今回ガイドラインを申し込むと特典として、測定用の音源信号や試聴用プログラムを収録したCD(JATET プロオーディオ音響技術CD)が付くそうです。

展示は、JATET加盟各社を中心に、最新の製品や技術が紹介されるようです。舞台機構、舞台照明、舞台音響、舞台映像が一堂に集まる展示会はとても貴重な機会で、こちらも楽しみです。

興味のある方は、JATETのHPをご確認頂き、是非お申込み下さい。
http://www.jatet.or.jp/exhibition/
 

国際放送機器展 InterBEE 2015 が来週11/18〜20に幕張メッセで開催されます。
昨年50回記念イベントとして行われたラインアレイスピーカのデモが好評だったので、今年は昨年よりも拡大して実施されるようです。

参加ブランドは13社。

会場は昨年と同じく幕張メッセ イベントホール
(入場ルートも同じで3ホールと4ホールの間の通路から入ります。昨年は私も含め迷った方が多かった)

日時はなんと3日間開催で、11/18・19は10:30〜19:30、11/20は10:30〜18:30です。
そうです、展示会より遅くまでやってます。

しかも今年は、各社スピーカの吊り込み作業〜音出し〜降ろし作業までもプレゼンするとのこと。設営のプレゼンは興味深いですが、一方で勘のいい方は想像されたかもしれませんが、今年は全社見るには最低2日間必要になります。
1日目と2日目14:30までで1順目、2日目14:30〜3日目が2順目です。

昨年以上に気力と体力が勝負です。

参加ブランドとタイムテーブルなど詳細は下記リンクでご確認ください。

INTER BEE ONLINE http://www.inter-bee.com/ja/about/conference/experience.html#cf01

 

先日試聴した2つのスピーカを紹介します。

alcons audio

コモドマッティーナ社で取り扱いを始めたalcons audio社(オランダ)のリボンドライバ・サウンドシステム。
3月に芝浦スタジオでの試聴会に行きました。
昨年のInterBEEで初紹介され、その際に気になった方も多いのではないでしょうか?
今回はラインアレイタイプもお目見えし、コンプレッションドライバとは違うリボンドライバの音質を堪能しました。

alcons 

Intellivox (JBL)

JBLから設備向けDSP内蔵パワードのラインアレイスピーカが発表され、4月に北とぴあでの発表会に行きました。
音の広がりや方向を制御するビーム・ステアリングを発展させて、音のビームの形を制御するビーム・シェイピング技術が特徴です。奥行が薄いのも特徴でしょうか。
(Harmanが買収したオランダ Duran Audio社のAxysブランドの製品です。)

intellivox 

ともに興味深い製品です。詳細は取扱各社にお問い合わせください。
※偶然にも2つともオランダでした。
 
先日、ドッジボール大会の応援に区立体育館へ行きました。

ここはたしか7〜8年前に、床とアリーナ階の壁を除いて、天井と観客席階の壁が全面有孔板に改修されました。

体育館1 体育館の内観。
 壁から天井の白い面がすべて有孔板(穴あき石膏ボード)です。
 青い筒状のものは空調ダクトです。

スピーカシステムも、ラインアレイ式スピーカがアリーナ面へのメインに採用され、観客席の通路上部にも16cm級ウーハと思われる余裕ある大きさの天井埋込型スピーカが多数設置され、アナウンスが非常によく聞き取れるようになりました。

体育館2 アリーナの壁に新設されたラインアレイ式のスピーカ(木の壁に設置された黒色で弓なりのもの)

体育館3 観客席通路の天井に埋め込まれたスピーカ
(四角い防球ガードがついているもの)
 スピーカ同士の間隔が近いことにも注目。
 有孔板も確認できます。

新築時からこれ位、音に気を使って欲しいものです。

吸音と落下防止改修

そしてこれに関連する最近の話題として、東日本大震災での天井材落下による被害を踏まえて促進されている耐震対策があります。
多くの施設で天井をはじめ落下の可能性がある部材を一切撤去する方法が採用されていますが、そこに注意が必要です。

この夏に私が相談を受けて伺った体育館は、当初ルーバー天井でその裏にグラスウール吸音材が敷き詰められていましたが、落下対策のためにグラスウールも含めた天井の一切を撤去し、露出した天井裏を壁はボード貼りし、屋根裏は綺麗に塗装していました。

・天井裏が露出したことで空間の容積が増えた
・グラスウール吸音材がなくなった
・多少の吸音性があった屋根裏材の木毛セメント板を塗装したことで吸音性が低下した

以上の3点が影響して、改修後の体育館の残響時間が約5秒!になっていました。

これは、2〜3mまでの距離なら肉声で会話ができますが、離れて声を張り上げて話すと響きが急に発生して会話に支障が生じはじめる程度です。それでもスポーツをするだけならまだ何とかなりますが、大会での挨拶や選手の呼出など音響設備を使用した際には非常に聞き取りにくく、同施設では大会運営に支障がでているとのことでした。

更にスピーカシステムの計画にも問題がありました。低予算のためか左右の観客席の上部に小型のスピーカが4台ずつしかなく、しかもそのスピーカがお互いにアリーナを挟んで反対側の観客席へ音を届けるように設置されていました。これでは各スピーカは対向する観客席まで届く大きな音量を出さなくてはならず、そんな向きにそんな音量を出したら残響だらけになって全く聞き取れない状況になるのは当然です。スピーカを設置する空間の響きのことなど全く考慮していない計画としか言えません。

現在は仮設のスピーカを使用して運用しているそうですが、根本的な解決にはなっていません。指定管理者は早急な改善を切望されていました。

いずれも改修計画時に音響のことを気にしていれば、ここまでの問題にならずに済んだはずです。このような問題が生じている施設が、潜在的に沢山あるように思います。
上記を参考にしていただき、是非、事前に音に対する配慮を検討して頂きたいと思います。
 
3月6日に日本音響家協会主催の 楽器を知ろうセミナー「マリンバ」編 が国立音楽大学のオーケストラスタジオで開催されました。

マリンバ1 マリンバが沢山並んだ会場の様子

マリンバ奏者で国立音楽大学非常勤講師の新谷祥子氏を迎え、第1部では、新谷さんからマリンバのルーツ、現代の楽器の説明、演奏方法などが紹介されました。

第2部は音響家の視点で、マリンバ演奏音の収録音に際し、マイク機種や位置の違いなどを実験した。新谷祥子氏による生演奏をマイク位置を変えて複数回録音し、それらを再生して比較試聴するという興味深い実験でした。

マリンバ2 マリンバへのマイキングの様子

ここで気付かされたことがありました。おそらく私を含め多くのリスナーが「いいな」と感じた音(マイク位置)は音が丸くで豊かな印象のものでしたが、演奏者の新谷さんが「私が聴いているマリンバの音にいちばん近い」と言われたのは、硬く衝撃的なキツイ音でした。

リスナーにとってのマリンバらしい音は楽器から離れた客席で聞こえる音であり、演奏者にとってのマリンバらしい音は演奏時の間近で聞こえる音であり、そこには必然的に差があるということ。考えれば当然のことですが、それに気づかずについ自分を基準にしていまうことは多々あることでしょう。

とても当然だけど重要なことに気付かせてもらいました。

マリンバ3 間近でマリンバを見られた休憩時間。

最後に、新谷祥子&アラヤマ☆リンバによるアンサンブル演奏を拝聴しました。
豊かな倍音にたっぷり浸って心地よい時間でした。

興味深いお話しと実験・体験と気づきが得られ、とても有意義なセミナーでした。
興味を持たれた方は日本音響家協会のHPもチェックされてはどうでしょうか。

(一社)日本音響家協会 http://www.seas.or.jp/

※会場となった国立音楽大学のオーケストラスタジオは、2011年に建替え竣工した新1号館にあるオーケストラ用のスタジオで、同館は他にオペラスタジオと合唱スタジオ、12室のアンサンブル室、108室のレッスン室などがある素晴らしい施設です。建築設計は(株)松田平田設計、音響設計は(株)永田音響設計です。