7/30に新国立劇場の中劇場にて行われた「舞台技術運用セミナー2013」に参加しました。
(主催:新国立劇場、協力:公共劇場技術者連絡会、劇場演出空間技術協会、日本舞台音響家協会)

会場の様子 会場の様子

■第1部「ポイントソーススピーカとラインアレイスピーカ」

第1部ではポイントソーススピーカとラインアレイスピーカについて、特徴の解説と聴き比べが行われました。進行は渡邉邦男氏(新国立劇場技術部音響課長)、解説は丹尾隆広氏(ATL)です。

聴き比べの最初は、舞台中央のバトンに吊り下げたポイントソーススピーカ(UPQ-1P×1台)とラインアレイスピーカ(MINA×8台)の違い。ともに客席の同じ範囲をカバーするようにセットされています。

試聴1

ポイントソースは聴き慣れた音と響きで、音の距離感も視覚と一致して感じます。カバーエリア内での音質の変化が少なく、カバーエリア外の減衰もスムーズに感じます。

ラインアレイはやはりカバーエリア内のスピーカから最も遠い席で一番いい音に感じます。複数のスピーカユニットからの音のズレが最少になるからでしょう。低音の音量感がポイントソースよりずっと良いのですが、ウーハーの台数が多いことを考えると当然でしょう。聴く位置による音質の変化は大きく感じますが、響きが少なく、遠方では視覚的な距離以上に音が近く感じます。

次に、スピーカユニットのサイズによる違いをポイントソースとラインアレイで聴き比べました。
 ポイントソース(写真手前。サブウーハは未使用)
 大型:UPQ-1P(15inch)、中型:UPA-1P(12inch)、小型:UPJ-1P(10inch)
 ラインアレイ(写真奥)
 大型:MILO(2×12inch)、中型:MICA(2×10inch)、小型:Melodie(2×8inch)

試聴2 

ポイントソース、ラインアレイともに小型のスピーカほど低音の出を感じます。小型スピーカは少ない台数で使われることが多いので低音を出し気味にしておいてちょうど良いのでしょう。

こうやって試聴すると、それぞれのスピーカには特徴があり、会場や用途に応じて最適なスピーカをチョイスすることの重要性を改めて感じます。

■第2部「幕類の音への影響」

第2部では、舞台でよく使われる様々な種類の幕や布が音をどの程度透過するか検証実験が行われました。これはホリや幕類の裏にスピーカを仕込まなくてはならなかったり、スピーカを布などで隠す必要があることが良くあることから取り上げられたとのことで、とても興味深い実験でした。進行は渡邉氏で、解説は稲生眞氏(永田音響設計)がされました。

スピーカの前に下記の幕や布を垂らした前後で音を試聴するとともに、SIMにより周波数特性も比較できるようになっていました。

試験体:ビニホリ(ゲレッツ・オペラPVC)、大黒・袖幕(ゲレッツ・スーパーサージ)、紗幕、フェルト袖幕(厚さ1mm以下)、ジョーゼット、Pシルク、シーチング、葛城、11号帆布、ドングロス、貫八別珍、毛氈ネル、毛氈フェルト、ベルベット(レーヨン)、ターポリン

ビニホリなし







 分かりにくいですが、スクリー
 ンの左側にスピーカが設置され
 ています。
 ビニホリを垂らす前。

ビニホリあり






 スピーカ前にビニホリを垂らし
 た状態。
 スクリーン上段のグラフが周波
 数特性(緑がホリ設置前、白が
 設置後)

大幅に音が遮られたのはビニルコーティングされたビニホリとターポリン、および厚手で目の詰まった11号帆布や貫八別珍やベルベットで、高音域で10dB以上も減衰がありました。
その次はスーパーサージと葛城で、5〜8dB程度の減衰が見られました。

ほとんど影響がなかったのは紗幕とドングロス(麻布)ですが、どちらも透けるので実用には難しそうです。

影響はあるが程度が少なかったのはフェルト、ジョーゼット、Pシルク、シーチング、毛氈ネル、毛氈フェルトでした。音の減衰は1〜5dB程度です。Pシルクとシーチングは薄さの割には影響が大きく感じられました。薄くても目が細かく詰まっているのが原因と思われます。

セミナーではフェルトが、レベル低下は2dB程度ありますが音質の変化が少なく、透けないでコストも安いので好印象でした。ただし段々に生地が伸びてくるので消耗品として考える必要があります。
※ここでのフェルトは手芸用の厚手のものではなく、1mm以下の薄手のものです。

なお、上記の実験はいずれの幕、布もひだなしの状態で行っていましたが、フェルト袖幕のみひだの有無による差を検証しました。その結果、ひだをつけることで8kHz付近の減衰が少し大きくなりましたが、それ以外に全体的には大きな差はありませんでした。ひだを付けたことで部分的に見かけの厚みが増え、その厚みに関係する周波数付近の減衰が多くなるのだと思われます。

■第3部その1「FIRフィルタを活用した音場制御」

最近一部の音響機器に取り入れられているFIRフィルタを利用したイコライザの特徴と活用例が紹介されました。FIRフィルタは位相特性の変化がほとんど無く、複雑なフィルタも実現できるのが特徴です。ただしその操作は従来とは大きく違います。
進行は石丸耕一氏(東京芸術劇場)、解説は井澤元男氏(EVIオーディオ)と兼子紳一郎氏(ヤマハサウンドシステム)。

まずは、スピーカのクロスオーバーやホーンEQといったスピーカプロセッシングが従来のIIRフィルタに加えてFIRフィルタでも提供されているElectro-VoiceのラインアレイXLC-DVXで、IIRとFIRのプロセッシングを聴き比べました。

たしかにFIRでは音の解像度や分離が良くなった感じがありましたが、その一方で不自然さを感じる面もあったのが個人的に正直な印象です。

次に、FIRフィルタをルームイコライザとして使用するHYFAX AMQ2の紹介と活用例のデモがありました。AMQ2は現場に設置されたスピーカの再生周波数特性を測定し、それを目標特性(例えば、あらかじめ無響室などで測定したスピーカの素の再生周波数特性)と比較し、差分から逆特性となるFIRフィルタを作成し、音を補正するものです。

プラネタリウムなどでドーム状有孔スクリーン背後に設置されたスピーカの補正や、劇場等でスピーカ前面に化粧桟があるような場合の補正に有効で、従来よりきめ細かい補正ができるとのことです。

デモでは、第2部で取り上げられたように、ビニホリや大黒幕などの背後にスピーカを設置しなくてはならない場合を想定して、幕による音への影響をFIRフィルタで補正することが行われました。
スピーカ前にホリを降ろした後でFIRフィルタによる補正をONするとホリで遮られた中〜高音が回復し影響がだいぶ補正されました。でも、幕裏ではすごい音になっています。
幕1枚あたり20分程度の測定時間で済んだとのことで、音作りの時間の短縮も期待できるとのことです。

AMQ2は、何を目標性能とするのか、と、現場測定のポイントをどこにするかを決めるのが難しい点でしょう。また、現状ではメーカの技術者しか測定調整ができないのも課題で、誰でも操作できるようにしてほしいと石丸氏がコメントしていました。

■第3部その2「新発想の小型スピーカ」

最後は渡邉氏の進行、長谷部友洋氏(ライブギア)の解説で、k-array社のロープ状スピーカ(アナコンダ)や500mmスティック状スピーカなど変わり種スピーカの紹介とデモがありました。

 スティックスピーカ
 舞台上に配置したロープ状スピーカと    長さ500mmのスティック状スピーカ
 舞台下の低音用スピーカ

どちらもそうですが、特に500mmのスティック状スピーカは見た目以上にパワーが出るので驚きました。想像以上に様々な場所に使えそうです。


このように内容盛り沢山のセミナーでした。興味を持たれた方は是非来年ご参加ください。(ただし来年のテーマが音響とは限りません)
9/4に兵庫芸文で舞台技術セミナーが開催されるようです。
テーマは(1)音響電源のノイズ対策と(2)残響支援システムです。
興味のある方は是非どうぞ。
詳細は下記リンク先をご覧ください。

http://www1.gcenter-hyogo.jp/sysfile/center/news/2013/201308/0801_stage.html

東京ビッグサイトで開催中の第26回EMC・ノイズ対策技術展に行ってきました。
同展は日本能率協会主催のTECHNO-FRONTIER 2013を構成する17の展示会のひとつです。



私がこの仕事を始めた17-18年前ごろから問題になり始めた音響設備へのノイズ混入は、その後の様々な検討と試行錯誤の経験を経て、インバーターをはじめとする原因の判明と漏洩対策の普及、そして音響電源や機器、配線側での防御対策と普及によって、大分回避されてきたと思っていました。

ですが、それでもまだノイズ問題が発生している現場はあり、工事中に対策できれば良いですが、対策が思うように効かない現場や、これまで経験のない思いもよらないノイズが混入するケースもあるのが現状です。

そんなノイズ問題の難しさを改めて感じていたところに同展の案内を頂いたので参加しました。

会場では出展者セミナーとしてノイズカットトランスで有名な(株)電研精機研究所のセミナーに参加しました。建物内の機械のノイズが放送設備スピーカの音に混入するという、私たちの状況に近いケースをモデルに、考えられる原因と混入経路の特定および対策方法について、短時間ながら分かりやすく説明がありました。



自分の理解が正しい事を再確認したとともに新しい知識も入手でき有意義でした。自分の知識の更新、怠らないようにしたいです。


展示の方では、音響設備のノイズ対策に関連しそうなものとして電磁波シールド材、ノイズカットトランス、電磁波測定器などがありましたが、革新的な物はない感じで、多くは機器を設計製造する上でのノイズ対策技術の展示でした。

会場で電研精機の方と話していて、ノイズ対策の多くの部分がまだまだノウハウであると感じました。
そういうノウハウ的な情報は、講演者が予め話題を用意するセミナー形式よりも少人数の座談会的な形式で行ったものを記録にする方がいいように思いました。

そんな座談会を企画しようかと思案中です。
ヤマハの残響支援システム「AFC3」の体験セミナーに参加してきました。

この会は「AFC3」の導入施工を担当しているヤマハサウンドシステム(株)の主催で、同社が「AFC3」を含む音響設備を施工した「ふるさと新座館」(埼玉県新座市)で行われました。



AFCなどの残響支援システムのデモは展示会等で仮設的に体験できることはありますが、実際のホールで体験できることは少ないので貴重な機会です。

ふるさと新座館のホールの残響時間は1.1秒(反射板設置時、空席、500Hz)ですが、これをAFCによって1.4秒(ピアノ演奏等想定)から2.1秒(宗教曲等想定)まで5段階に伸長できるように設定されていました。

ピアノ演奏のデモでは、システムをONすると、ピアノ用として設定された1.4秒と1.6秒の設定では残響というより音が豊かになり音量も上がる感じが得られました。

それ以上の設定にするとさすがにピアノには長すぎる感じになり、弦楽器や合唱などに適すると感じられます。演目に応じて上手く使うことがいい効果を得るポイントでしょう。

恵泉女学園大学(東京都町田市)のチャペルでのパイプオルガンコンサートに来ました。



今回の演奏はミューザ川崎シンフォニーホール・オルガニストの近藤 岳さんです。
普段あまり演奏されることがなさそうな楽曲が多くあり楽しめました。オルガンに近い席にいたため音量が大きめでしたが、幸いきつくは感じませんでした。(写真は座った席から撮ったものです)



演奏前に近藤さんがワイヤレスマイクを使って簡単にお話しをされました。

チャペルの音響設備は昨年から私が音響設備のメンテナンスを担当していて、声がスカスカにならないように中低音を適度に残すチューニングにしてありますが、男性の近藤さんがオンマイクで話すとチョット中低音が残っていました。ただ、聞きとりにくい程ではありません。

ノンオペで使う施設の場合は近接効果の少ないマイクを積極的にチョイスするべきかなと考えました。

東北の音響技術者が中心となっているFBSR会の技術研修会が1/29〜30に山形市民会館で行われ、参加してきました。
 
 山形市民会館の大ホール

今年のテーマは「ラインアレイスピーカ」。
 
ラインアレイ式スピーカのもとと言えるSHUREのVocal-Masterとポイントソース式スピーカのALTEC A5という往年の名機たちと、近年のラインアレイスピーカ(Nexo、RCF)とポイントソーススピーカ(TANNOY、Electro-Voice)たちを聞きながら、それぞれのスピーカの開発思想や性能、特徴を学び体感しました。














 往年の名機
 SHURE Vocal-Master(右)と
 ALTEC LANSING A7(左)


 




 最近のラインアレイと
 ポイントソーススピーカ

 右から
 Nexo GeoS8+CD12
 RCF D LINE
 TANNOY VQ
 Electro-Voice EVF
 
 
Vocal-MasterやA5の音を実際に聴くことができたのは、とても貴重な体験でした。
 
試聴用の音源にはCDもありますが、メインはエレキバンド、民謡、ピアノとアコースティックギターとボーカルの生演奏など。この生演奏で研修をするのがFBSR会の特徴です。
スピーカの違いによるマイクへのかぶりや空間の響きの影響の変化など、実際のオペレーションの状態で体験できるように意図されています。

大ホールでは上記のようなSR中心の研修が行われ、小ホールでは大ホールでの生演奏をマイクで集音しミックスするという放送・録音中心の研修が同時に行われました。このあたりもFBSR会らしいスタンスです。

音響技術者たちによる自分たちのための研修会です。
興味のある方はぜひご参加ください。

FBSR会公式ホームページ
https://sites.google.com/site/fbsrofficial/Top
デジタルアンプが発する高周波ノイズが赤外線ワイヤレスマイク回線に影響し、音声にノイズが乗る現象を経験しました。

デジタルアンプの発生するノイズがスピーカ線から輻射されてアンテナ線や受光部に影響しているようで、アンプと赤外線ワイヤレスマイクの受信機がラック内で近接している場合や、アンテナ線とスピーカ線が並走して配線されている場合に見られるようです。

ノイズは音声が出ている時だけ、音声の抑揚に呼応して発生していましたので、定常的なザーというものではなく、ザッザーザザッザーといった感じのものです

場合によってはノイズではなく、赤外線マイクの受信ができないとか、受信可能距離が極端に短くなる、といった症状になることもあるそうです。

これらは赤外線ワイヤレスマイクのチャンネルのうち、ノイズの周波数に関係するチャンネルに発生します。そのため使用しているチャンネルによっては、デジタルアンプと併用しても症状が現れない場合もあります。

あるメーカーの赤外線ワイヤレスマイクのカタログには、デジタルアンプのノイズについて注意書きがあるそうですが、私は知りませんでした。知らなかった方も多いのではないでしょうか。

そのメーカーの方によると、事後対策としては、アンプにスピーカ線が接続された状態で、アンプのスピーカ出力のマイナス端子とアンプ筐体のグランドをコンデンサを介して接続することで対策できるとのことです。実際に担当している現場で上記の対策をして頂いたところ、十分な効果が得られました。



スピーカ線をシールド線にすることでも効果があるとのことです。
 
今後計画される際にはご注意ください。(自分も含めて)
また、もし類似の症状がある場合には、一度、上記を参考に赤外線ワイヤレスマイクのメーカさんに相談されてはいかがでしょうか。
昨年末になりますが、オリンパスホール八王子の2年目経年検査に行きました。
検査は特に問題なく終了しました。

八王子2年目

検査前、市内の小学校の連合音楽祭が行われていました。こんなホールで演奏できるなんて素晴らしい経験ですね。羨ましい!
 
オープンした一昨年の稼働率はなんと82%で、今年も88%程度になる見込みとのこと!建設に携わった側もうれしい限りです。
利用頻度の高いジャンルは、ポップス24%、学校関係24%、クラシック20%、講演7%、舞踊・バレエ6%とのこと。横浜や大宮と並ぶ都心近郊の大型ホールとして注目されてきているそうです。
 
お気に入りの演目があればぜひ一度訪れてみてください。

http://www.olympus.hall-info.jp/pc/index.html
昨年の夏のことになりますが、設計・監理の手伝いをしていた体育館の音響設備改修工事が終わりました。残響が5秒くらいある厳しい建築音響条件での改修のアプローチは…

体育館(改修前) 改修前の体育館

改修前のスピーカは写真のように体育館の長辺壁の片側に4台設置されていました。旧式のトーンゾイレスピーカで、片側からアリーナ全体をカバーしていました。これだとスピーカと反対側のエリアでも聞こえるように大きな音量を出す必要があります。その音がアリーナ床→対向する壁→天井→スピーカ側の壁→アリーナ・・・と反射を繰り返して、余分な響きを発生してしまいます。

体育館1 改修後の体育館

そこで改修では、スピーカを当初の倍の8台に増やし、長辺壁の両側に設置してアリーナの半分ずつカバーするようにしました。1台のスピーカでカバーするエリアを狭くすることで、必要な音圧と余分なエリアへの音の入射を減らし、響きの発生をできる限り抑制する狙いです。
加えて当初は専用のスピーカがなかった短辺側の観客席へもスピーカを設置しました。

スピーカは全てTOA T-550を採用しました。60×60度という指向角度、手頃な25cmウーハ、明瞭な音質、取付金具も付属で安価、防球構造と、本件に最適でした。

体育館2

これだけ残響が長い場合、本来ならまずは建築的な吸音処理を行うことが必要なのですが、今回はそれができない改修でしたのでスピーカの計画が重要となりました。

スピーカに加えて、ワイヤレスマイク受信機のボリュームを控えめに設定し、マイクに入る空間の響きも少なくなるよう工夫しています。この空間の響きの影響が拡声には重要で、CDなどの録音ソースだけでの調整では不十分です。

そうそう、低予算でしたのでイコライザ内蔵のラックマウント型デジタルミキサーを使用したのですが、3バンドあると思っていた入力イコライザがhi, mid, lowとなっていて、設定できる周波数範囲が限定されていて、Qも固定だったのが誤算でした。思った周波数にイコライザを当てられず、HPFへの切替もなく…。取説まで目を通しておくべきでした。設備用のミキサーほど、もっと入力イコライザを充実してほしいと感じます。
恵泉女学園大学チャペルのオルガン奉献10周年記念コンサートに伺いました。

演奏はヴォルフガング・ツェラー氏。
空間の静寂さが感じ
られる音量と優しい音色で彩られた、素晴らしい演奏でした。

恵泉2 恵泉1

ここのオルガンはライル社製で、以前私が関わった信濃町教会と同じです。
そしてなんとスピーカもFPS
製パイプラインで一緒なんです。
不思議な縁を感じます。

恵泉女学園大学チャペルでは定期的にオルガンの演奏会を催しています。
興味のある方は下記の大学HPをご覧ください。

http://www.keisen.ac.jp/institution/christianity/concert/
 
※写真は春にメンテ・調整に伺った時のものです。