学芸会や運動会など、大きな学校行事のある時期を迎えています。私も先週末までに、連合運動会と吹奏楽クラブの演奏会、学芸会を見に行きました。

学校に行く機会が増えると気になることのひとつに「音」があります。隣の教室や廊下から漏れてくる音や、体育館・校庭でのマイクの音など。子どもたちの生活・学習環境として、もう少し静かに、もう少し聞きやすくしてあげたい、するべきと思うのは私だけではないと思います。子どもたちの学習態度や成果だって良くなるでしょう。

そんな学校の音環境の状況に対して、2008年に日本建築学会が「学校施設の音環境保全規準・設計指針」をまとめました。これは近年、建築学会が制定を進めている環境工学分野での推奨基準(日本建築学会環境基準)のひとつで、音分野での第1号の規準です。

学校アカスタ表紙「学校施設の音環境保全規準・設計指針」の表紙

小学校〜高等学校を対象に、学校施設が備えるべき音響性能として以下の5項目を採り上げ、その推奨値を示しています。

 ・室内の騒音レベル
 ・隣接する室間の遮音性能
 ・床衝撃音遮断性能
 ・残響(室内の響き)
 ・電気音響設備の動作特性

各音響性能についての説明や学校施設をつくる上での留意点や参考例のほか、問題が起こりやすいオープンプラン教室や体育館、音楽関連教室などについては設計例も紹介されています。

さらに注目は、電気音響設備に関する推奨値が示されたことです。

これまでホールや劇場などの特殊施設に限られていた電気音響設備の性能目標から、つぎの基本的な4項目を採り上げて学校施設へ適応しています。

 ・音量に関するもの: 最大再生音圧レベル、音圧レベル分布
 ・音質に関するもの: 伝送周波数特性
 ・拡声の安定性に関するもの: 安全拡声利得

これらの性能値がまた一般的ではないため、現段階では附属書扱いですが、おそらく電気音響設備の性能について規定した唯一の規準でしょう。電気音響設備の設計や施工において目標とすべき性能が明示されたことで、適切な性能が実現されて、子どものお芝居の台詞や選手宣誓の声、始まる競技の種目や選手名や結果のアナウンスなどが、きちんと聞こる学校が増えることを期待したいと思います。

建築や設備の設計、施工に携わっている方をはじめ、自治体の建築・建設担当や教育委員会の方など施主側の方々など、関連する多くの方々に参考にしていただき、音環境の良い学校が沢山増えることを期待したいです。
なお、本書は日本建築学会のほか、web書店各社で取り扱いがあります。
 

気が付けば2ヶ月ぶりの更新です。

久しぶりに聴きながらワクワクするコンサートに巡り会いました。9月28日(水)、ピアニスト清水和音さんのデビュー30周年記念5日連続コンサートの初日です。会場は銀座のヤマハホール、ゲストは小曽根真さんです。

ヤマハホール外観 つややかできらびやかなヤマハホールの外観

パンフレットには、
 モーツァルト:2台のピアノのためのソナタ ニ短調 K.448
 ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(2台ピアノ版)  ほか
とだけ。
この2曲も良かったのですが、それでも、今夜のメインは 「ほか」 にありました。

前半の2曲目には、クラシックピアニストがジャズピアニストに仕掛けた「トルコ行進曲」、後半の2曲目は、清水和音がアドリブに挑んだチック・コリアの「クリスタル・サイレンス」、そしてアンコールは、アドリブをさせた仕返し(?)だというラフマニノフのワルツと、会場からの飛び入りを加えて再び「トルコ行進曲」。

とにかく予想もしない展開と演奏に、久しぶりにワクワクしたコンサートでした。パッケージされたものには記録されない、音楽がまさに今紡がれていくその瞬間の、その場にいる人だけが共有できるこの空気、緊張、期待・・・。やっぱり「ライブ」っていい。

今夜ここでしか聴けない素晴らしいパフォーマンス、最高のコンサートでした!!

ipodなどで気軽に、何かのついでに音楽を聞くのも悪いとは言いませんが、音楽を聴くことに集中するというか、音楽を聴くことを主役にする時間をもっと楽しんでもらいたいと思います。

ヤマハホール内観 終演後のヤマハホール

会場のヤマハホールは、2010年春に新ヤマハ銀座ビルとともにリニューアル・オープンしたコンサートホールです。縦長のプロポーションと側壁のデザインが特徴的な333席のコンサートホールで、音響設計はヤマハ株式会社です。舞台上部の空間に余裕があるので、清水さんと小曽根さんが2人して力一杯鍵盤を弾いても、飽和せずきれいに響いていました。くせのない、奥ゆかしい響きという印象です。

ひとつ残念だったのは、開演前の携帯電話の注意や終演を告げるアナウンスの音量がビックリするほど大きかったことです。始まる前の期待感と終演直後の余韻を妨げないような配慮が欲しかったです。

昨日、BOSE社の新しいスピーカシステムとパワーアンプの発表会に招待され、東京都渋谷区の「渋谷区文化総合センター大和田:さくらホール」に行ってきました。ここは2010年11月にオープンしたばかりの施設で、音響設計は(株)永田音響設計で、自分が同社在籍時に舞台音響設備コンサルティングを担当したホールです。

BOSEと言うとコンシューマ・オーディオやカー・オーディオ、店舗の音響システムが有名ですが、新製品は劇場やアリーナなどの固定設備をターゲットにしたコンサートSRクオリティのスピーカシステムとパワーアンプです。

bose-1 デモンストレーションの様子

新しいスピーカの特徴は、水平・垂直の指向性パターンが15種類と豊富なスピーカを組み合わせて、客席配置にマッチした指向性と音圧分布を実現するというものでした。適切な指向性制御は反射音や残響音の影響を最小限に抑え、スピーカ本来の音を最大限に伝えることに繋がります。劇場などの固定設備にとってはとても重要なアプローチなので、大歓迎です。もちろんスピーカは高音質で、相互に連結した際のスピーカ間の干渉も最小限に抑えられているとのことです。一見するとラインアレイスピーカのようですが、コンセプトは全く異なり、ポイントソーススピーカにラインアレイの技術を応用したものと言えるでしょう。

bose-2

また、新しいパワーアンプは500W×8chのアンプで、こちらも2chないし4ch毎にモードを変更することで必要なパワーにマッチした構成を実現できるというものです。しかも、電源を効率良く使用する技術によって、高音質とフル・パワーでの駆動時間を十分に確保しながらも、電源は20AでOKとのこと。すごい!
これだとメインスピーカからホワイエや楽屋などの運営系スピーカまで同一アンプでドライブできます。ということは、制御ソフトウェアも統一できるということ。FOH以外にも運用的なスピーカが沢山ある劇場などではとても有り難いことです。

bose-3 スピーカユニットの展示

残念ながらデモの際に会場内を動けなかったので、実際の指向性制御の感じやスピーカユニット間の干渉がどこまで低減されているのかなどは確認できませんでしたが、いい音してました。スピーカ、アンプ共にコンセプトから非常に興味深い注目の製品です。

なお、隔月刊誌プロサウンド2011.8月号に特集されているようです。

7/12(火)に、EVI AUDIO JAPAN社のサウンドフェア2011に行ってきました。会場は東京都中野区の「なかのZERO大ホール」(音響設計:(株)永田音響設計)です。

EVIフェア1

音響機器、特にスピーカはカタログだけみても、やっぱり実際に音を聞かないと分かりませんし、音を聞いたことがないと採用できません。なので、メーカ・ディーラ各社によるこのような試聴会はとても重要です。

今回は、EVはInnovationシリーズとXLVC、DYNACORDはcobraとVARILINEの試聴デモがありました。また、試聴デモと兼ねて、コンサートPA等でのL/Rのサブウーハ音の干渉を解消するアプローチの紹介もありました。

新商品としては、FIRフィルタによるスピーカプロセッシング(EVとDYNACORD)と、EVのUHFワイヤレスマイクシステムなどが紹介されました。

また、EVのDSPであるNETMAXと総合コントロールソフトIRIS Netを使ったシステムの紹介にも大分時間が割かれていました。時代ですね。

今回はプレゼンの情報量がかなり沢山で、すごくお腹一杯で帰りました。最近は腹八分目がいいかな・・・。

先日(7/6水)、東京フィルハーモニー交響楽団の東京オペラシティ定期に行ってきました。
指揮は大植英次氏で、曲目は以下のとおりです。

 小倉 朗  : 管弦楽のため舞踊組曲
 モーツァルト: ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K.595, ピアノ:小曽根 真
  −休憩−
 ブラームス   : 交響曲第1番 ハ短調 作品68

SH3F01430001.jpg

今回のお目当ては小曽根真さんです。はたしてジャズ・ピアニストが弾くクラシックはいかに...? ヤマハのピアノとも相まって、思っていたより軽やかでした。ところが、アンコールでビル・エヴァンスを弾き始めると、同じピアニストと同じピアノとは思えないほど感情も音も豊かになったのがとても印象的でした。小曽根真さんのビル・エヴァンスをコンサートホールで聴く、最高です!

タケミツメモリアルに来るのは本当に久しぶりでした。ピラミッド状の天井が特徴的なコンサートホールで、よく響いて、その響きの立ち上がりが早いという印象があります。センシティブなので演奏音量のコントロールが重要になりそうです。音響設計は、竹中工務店技術研究所+Leo L. Beranek 氏です。

大植英次さん指揮の演奏は迫力があって、会場は拍手が鳴り止まず大盛り上がりでした。
東京フィルハーモニー交響楽団は今年で創立100周年を迎えるそうです。おめでとうございます!

先日、子供達と一緒に区立の屋内温水プールに行きました。
プールって1〜2時間に1回、10分くらいの休憩時間がありますが、たまたま私がいた位置では、その休憩を知らせるアナウンスが響いて何を言っているのか分かりませんでした。スピーカの配置計画がちょっと上手くないようでした。

屋内プール

屋内プールといえば、空間の容積が大きいのと、水面やタイルなど音を反射する部位が多いことに加えて、内装に耐水・耐湿性が必要なことから吸音がしにくいために、どうしても響きが長くなります。音響的な配慮が重要な施設のひとつです。

同時に、響きの長い空間ではスピーカの配置計画にも注意が必要です。響きが通常程度の空間と同じに考えては、明瞭な拡声はまず無理です。ポイントは次の通りです。

.好圈璽を出来るだけ聴衆に近づける
■餌罎離好圈璽のカバーエリアを狭く限定する
スピーカは指向性の範囲に聴衆がしっかり入るように向ける(余計な壁が指向範囲に入らないようにする)

つまり、音の伝搬距離を短くすることと、余計な残響の発生を抑えることで、明瞭さを確保するのです。先ほどの休憩のアナウンスも、スピーカの正面ではきちんと聞こえました。直接音>残響音とすることが重要なのです。

このアプローチは屋内体育館や展示場、教会などでも共通に適用できます。

先日、日本音響家協会主催の「フィールドレコーダー タッチ&トライ」に行って来ました。7/5(火)のことで、会場は牛込箪笥区民センター(新宿区)のホールです。

ROLAND (EDIROL)、YAMAHA、SONY、TASCAM、KORG、ZOOM、OLYMPUSのフィールドレコーダー現行機種が、ポータブルタイプを中心に一同に展示されていました。それだけでも画期的ですが、さらに今回は、プロ・ギタリスト南澤大介氏の生演奏を実際に各機種で録音し、それを比較試聴できるという、音響家協会ならではの魅力的な企画です。

SH3F01270001.jpg

上の写真は南澤大介氏とアンプラグドの回の演奏を録音するために各レコーダーをセットしている様子です。これ以外にPAした演奏音を録音する回と、ギターからのライン録音の回という状況を変えたセットがありました。これまた興味深い。そして4回目の生演奏は南澤大介氏のミニライブです。(アンコールのルパン3世のテーマがグッときました。笑)

コンシューマでも今や24bit,96kが当たり前。各機種それぞれに音質やコンセプトに特徴があって面白かったのですが、私的に気になったものを紹介します。

SH3F01290001.jpg  SH3F01280001.jpg

OLYMPUSのフィールドレコーダー (左)
OLYMPUS=カメラしかイメージできませんでしが、レコーダーにも力を入れているとのことです。音源との距離感が自然に感じられたのが個人的に好印象でした。

TASCAMの8chマルチトラックレコーダーとフェーダーコントローラ (右)
CFカードに8chマルチトラックと、そこから2ミックスをつくって同時に録音できるマイクプリ付レコーダー(写真下側の液晶がついた機器)と、レコーダの入力レベルやステレオミキサーのレベル・パンなどをリモートできるフェーダー(写真上側の機器)です。
録音卓の代わりにホールの調整室に1台あると重宝しそうです。コンパクトだし、PA卓と独立していた方が操作ミスも防げます。

あと、写真はありませんが、個人的に音響測定の音源信号再生機として、YAMAHAの大きめのワイヤレスリモコンが付いた機種が便利そうでした。

ヘッドウォーンマイクってご存知ですか? head-worn microphone, つまり、頭に装着するマイクのことで、耳かけマイク とも言ったりします。下の画像のようにフレームを頭の後ろ側から両耳に掛けて、細いバーの先に着いたマイクヘッドが口の横にくるように着用するマイクです。片耳式のタイプもあります。

ヘッドウォーンマイクDPA2    ヘッドウォーンマイクDPA (DPA社HPより)

ミュージカルやヴォーカル&ダンスなどでよく使われますが(Janet JacksonのRhythm nationを思い出すと言って分かる方は同年代でしょう(笑)。テレ朝の報道ステーションの気象情報コーナーで女性アナウンサーが使っていますよ。)、欧米ではプレゼンテーションでもヘッドウォーンマイクがよく使われます。両手が空くのでジェスチャーにも適しているからだと思われます。

音響的には、マイクが常に口の近傍にくることにより、次のようなメリットが得られます。

 1) 十分な入力レベルが安定して得られる
 2) 空間の響きや暗騒音のかぶりが少なくなり、音がクリアになる
 3) ハウリングが起こりにくくなる
 4) 講演者が何処を向いても安定して集音できる
 5) 口とマイク距離が一定に保たれるので、音量、音質が安定する

これらのメリットは、プレゼンテーションでの拡声でよく発生する問題、すなわち、タイピンマイクでの集音不良やハウリング、ハンドマイクが口元から離れてしまうことによる集音不良(特にスクリーンに映した資料を見ながらの説明時)などを一気に解決できるのです。

このように音響的に有効なヘッドウォーンマイクですが、残念ながら日本ではプレゼンテーションには浸透してません。私は、人前で話すことに慣れていない日本人にこそ有効なアイテムだと思います。

ホールに限らず、学校の講堂や集会施設、はたまた響きの豊かな礼拝堂などでも非常に有効です。タイピンマイクでは牧師の話が聞こえにくいと相談のあったキリスト教会にヘッドウォーンマイクのデモ機を手配して試して頂いたら、非常に良いということでさっそく導入された教会もありました。

私はヘッドウォーンマイクをもっと日本で普及させたいと思い、最近、電気音響設備の設計の際に、ワイヤレスマイクのタイピンマイクに加えてヘッドウォーンマイクを1〜2台入れています。

みんなでヘッドウォーンマイクを流行らせて、拡声のクオリティをアップしましょう!

ある文化施設の音楽練習室で、天井のスピーカから隣の練習室の演奏音が聞こえてくる、という連絡を受けて現場調査に同席しました。

早速、練習室Aにあるドラムセットを叩いてもらい、隣の練習室Bで耳を澄ますと、確かに天井スピーカからドラムの音が聞こえてきます。

音の大きさを測ってみると、練習室A内でのドラム演奏音は103 dBで、練習室Bのスピーカからの音はスピーカから30cmの距離で39 dBでした (ともに騒音レベル※1)。システム的には考えられない大きさで、しかもクリアに聞こえます。練習室Bの暗騒音※2は25 dB未満※3なので、静かな時には聞こえて、しかも音質的に気付きやすいと言えます。

音が伝わる原理は、練習室Aのスピーカ(スピーカAとします)がマイクになって起電し、それが練習室Bのスピーカ(スピーカBとします)に伝わり再生されたと考えられます。
一見別物のマイクとスピーカですが、音と電気を変換する装置としてはどちらも仕組みは同じなので、スピーカがマイクになり得ます。(糸電話を思い出して下さい。)

しかし、スピーカの音→電気の変換効率はマイクよりずっと低いですし、通常、未放送時はスピーカ回線がアンプ側でショートされるので、これ程の音量を再生できるだけの電圧が隣のスピーカにかかるはずはありません。よって、きちんとショートされていない可能性があります。

そこでスピーカBでアンプ側の線路抵抗を測ると約200Ωと高く、試しに近くのEPS内で同系統の回線をショートさせても変化なしでした。これはおかしいということで、今度はスピーカAで同じく線路抵抗を測るとこちらも約200Ω。これらより、練習室の天井スピーカ系統の最初の1台にあたる、控室のスピーカに異常が疑われました。

アンプからのスピーカ回線は控室の天井裏で2系統に分岐しており、そのうちの1つが控室の天井スピーカを経て練習室に繋がっていました。このスピーカを外して確認すると、ビンゴ! スピーカの接続が間違っていました。

接続を直した後は各スピーカの線路抵抗も数Ωに下がり、スピーカBに耳を近づけてもドラム音は全く聞こえない状態に回復しました。

この控室は、実は最近、改修工事が行われ、天井スピーカをいったん取り外したとのことなので、その再取付の際に接続を間違ったようです。また、再取付後の確認を、控室と同系統である練習室のスピーカまで含めて実施していれば問題を発見できたでしょうが、そこまでは気付かなかったのでしょう。

たった1台のスピーカの誤接続が、”別”の部屋で”音漏れ”という異種の現象を起こす・・・・全ては小さな事の積み重ねだと、関係者一同、大きな経験になりました。


実は、類似の現象が色々な施設で思ったよりもしばしば発生しているようです。その全ての原因が誤配線とは限りませんが、今回のケースがひとつの事例として参考になればと思い、ここに載せておきます。


※1 騒音レベル:人の感覚を考慮した音の大きさを表す尺度で、A特性音圧レベルとも言う。単位はデシベル(dB)
※2 暗騒音:目的音(ここではスピーカからの音)以外のその場の騒音のこと。
※3 25dB未満:音圧レベル計(騒音計)が騒音レベルを25dBまでしか測れないのでこう表現しています。

渋谷駅から東急田園都市線の最後尾に乗ったことある方はご存知かも知れませんが・・・。

しばらく前から、渋谷駅で東京メトロの車掌と交代した東急線の車掌が、最初の車内アナウンスをする時に、車掌室と客室との間のドアを開けて喋るようになりました。

アナウンスがきちんと聞こえているかどうかを自分で聞いて確認しているのです。

これはとても重要なことです。実際にどう聞こえているかを気にしていると、自然と聞きやすい話し方や発声をするようになったり、適切な音量で話せるようになっていくからです。

音を聞くなんて当たり前に思いますが、でも、様々な案内放送を聞いていると、実際の音を気にしている話し手は意外と少ないようです。さらに最近では、例えば車内のうるささに応じて自動的にアナウンス音量を調整する装置などに頼ろうとする傾向が強く、ますます音そのものへの関心が薄くなっています。機械は所詮機械。人間のようにはできないのですが・・・。

実際に音を聞いて確認する・・・本質を捉えた東急電鉄の姿勢に拍手です。